貧血持ちの妊婦がおくる鉄分不足解消ガイド

HOME » 妊娠中の鉄分補給ちょこっとアドバイス

妊娠中の鉄分補給ちょこっとアドバイス

貧血と診断されたものの、処方された鉄剤が体に合わなかったり、できれば食事で鉄分補給をしたいと考えていらっしゃる方に、鉄分補給のポイントを紹介しています。

妊娠中の鉄分補給で知っておきたいこと

妊娠中も授乳中も鉄分は必須!

食物に含まれる鉄には、ヘム鉄と非ヘム鉄があります。

ヘム鉄は、レバーやシジミ、アユなど、動物性の食品に含まれていて、体への吸収率も高く、非ヘム鉄は、ひじきや大豆、ほうれん草など、植物性の食品に含まれていて、体への吸収率が低いという特徴があります。そのため、食物から鉄分を摂る場合には、ヘム鉄と非ヘム鉄の両方をバランスよく摂取することが大切です。

鉄分はもともと、吸収率の低い栄養素なので、食事の際には、ビタミンCや動物性たんぱく質などと一緒に摂ると、鉄分の吸収率を高めることができます。

一方で、お茶やコーヒーなどに含まれるタンニンには、鉄の吸収率を下げる働きがあるので、時間を空けて摂取するなど、食事の際には注意が必要となる栄養素もあります。

食事や内服薬でも貧血が改善されない場合は、鉄剤注射という方法もあります。しかし、鉄分の過剰摂取など、副作用もあるため、医師の判断を仰ぎ、説明を十分に聞いた上で、受けましょう。 

鉄分は積極的に摂りたい栄養素ですが、摂りすぎには注意が必要です。すぐに貧血を解消したいからといって、鉄剤やサプリなど、容量を守らず、過剰に摂取することは、副作用をもたらします。注意書きをよく読んでくださいね。

鉄分も葉酸も摂れるサプリメント

鉄分や葉酸をはじめ、妊娠中に必要とされる栄養素が豊富に含まれている「ユーグレナ」という成分をご存知ですか?

アミノ酸やビタミン、ミネラル類もバランス良く摂れるため、つわりなどが原因で栄養が不足しがちな時にもオススメです。

ユーグレナはサプリメントで手軽に摂取でき、妊娠中でも安心して飲むことができます。

ユーグレナサプリは種類が多く、コスパや形状による飲みやすさに違いがあるため、「ユーグレナ(ミドリムシ)サプリメントを徹底比較」を参考にして、自分に合った商品を選ぶと良いでしょう。