貧血持ちの妊婦がおくる鉄分不足解消ガイド

HOME » 妊婦さんが陥りやすい鉄分不足とは » 赤ちゃんへの影響はあるの?

赤ちゃんへの影響はあるの?

妊娠中の胎児への影響から出産後の母乳にいたるまで、貧血が及ぼす影響について説明します。

貧血が胎児に影響を及ぼす可能性も

妊婦の貧血が赤ちゃんに与える影響

妊婦健診で貧血と診断された場合、気になるのがお腹の赤ちゃんへの影響だと思います。
妊婦さんが摂取した鉄分は、優先的に胎児へと送られるため、軽度であれば、母体が貧血であってもほとんど影響はないといわれています。

しかし、重症化してしまうと、栄養障害が起こる場合もあります。すると酸素や栄養が胎児に届きにくくなり、赤ちゃんの発達にも影響がでてくる可能性があります。

胎児への直接の影響はなくとも、妊婦さんが貧血になると、疲れやすくなったり、冷えが悪化したり、食欲がなくなったりします。

さらに、貧血によって、めまいや立ちくらみなどを起こしたりすると、ふらついてお腹をぶつけたり、転倒してしまう危険性もあります。直接、胎児に影響を与えないとしても、二次的に影響を及ぼす恐れもありますので、軽い貧血だからといって軽視できません

分娩時における貧血の影響は…

貧血は、分娩時にも影響します

貧血によって体力が低下することで、強い陣痛がつかず、微弱陣痛になってお産が長引くことがあります。また、分娩後の子宮収縮が悪くなり、出血が多くなったりすることも。

さらに、分娩時に大量出血をすると、身体の回復も遅くなり、場合によっては入院が長引くこともあるので、赤ちゃんのお世話にも影響が出てきてしまいます。

いい母乳を出すためにも早期の解消を

貧血の問題は、妊娠・分娩時にとどまりません。
赤ちゃんの栄養源である母乳は血液から作られています

血液の通り道でおっぱいの土台部分である「基底部」と呼ばれるところから運び込まれた血液が、母乳を作る乳腺房の集まりである「乳腺葉」で母乳に作りかえられます。ここで作られた母乳は「乳管」とよばれる管を通って、「乳管洞」という、乳輪の内側にある部分にたまります。そこに溜まった母乳が乳頭から出てくるのです。

血液から作られた母乳が白いのは、母乳が生成される過程で赤血球が取り除かれるためという説や、アミノ酸が母乳のたんぱく質の主成分であるカゼインに合成されてできるカゼインミルという塊が、光に当たると白く見えるからという説がありますが、どちらにしても、母乳が血液から作られていることに違いはありません。

赤ちゃんにおいしい母乳をあげるためにも、お母さん自身の健康のためにも、貧血は早期に解消しておく必要があるのです。